失敗プロポーズ74〜失敗プロポーズ編〜

いままでのおはなし
スポンサーリンク

プロポーズに二回気づかなかった話

つづく

なんてひどい女だったんだろう、、、、、、

どこかでお話ししましたが、元々部屋は暮らせればなんでもいい人間だったので、部屋を飾るとか整えるなどという考えも感情もありませんでした。ですので、花も水替え面倒だし、枯れたらどうしたらいいかわかんないし、困るくらいならいらない…と思っていました。

ですが、玄関を開けて花束を抱えて立っていたぴーちゃん、受け取った花束を見て、感動して花束について考え直したのでした。

そんな私は今や苔玉を育てています。緑って素晴らしい。

たぶん、次回最終回!たぶん!!!!

次回 最終話

コメント

タイトルとURLをコピーしました